0

アサヒビール大山崎山荘美術館

タグ: ,

アサヒビール大山崎山荘美術館のここがすごい!

自然の中で時を刻む美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館は京都府の大山崎町というところにあります。桂川、宇治川、木津川が合流する土地であり、すぐそばにはサントリーのウィスキー工場もあることから、美しい水に恵まれたとても自然豊かな場所であることがわかります。
美術館本館となっている大山崎山荘は、関西の実業家である加賀正太郎の別荘として昭和初期に建てられたものです。老朽化が進み、一時は取り壊しの話もありましたが、京都府と大山崎町、そしてアサヒビールが協力して復元作業に取り掛かり、1996年に美術館として再出発を遂げることになったのです。
国の有形文化財に指定されている琅かん洞(ろうかんどう)と呼ばれる庭園入口トンネルを抜けてしばらくすると、赤い屋根にレンガ造りがレトロな雰囲気を漂わせる本館が見えてきます。館内は木がふんだんに使われた落ち着いた造りになっており、照明やステンドグラスなど内装ひとつひとつに格式が感じられます。また、同じ敷地内には安藤忠雄設計による「地中の宝石箱」と「夢の箱」という建物も。現代的なコンクリート建築と、時間を留めたままであるかのように佇む本館との対峙がおもしろく、つい時間を忘れてしまいそうになります。
豊かな緑に囲まれたこの美しい美術館はこれからも多くの人に愛され、時を刻んでいくことでしょう。

文:キャッチリバー

アサヒビール大山崎山荘美術館の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!