0

脇阪克二

脇阪克二のここがすごい!

軽やかな偉人

思わぬ所で脇阪克二さんの名前を聞いたのは、パリのとてもセンスのいいセレクトショップだった。
その店の店主は気さくなマダムで、元マリメッコ社の社員だったそうで、脇阪氏の熱心な仕事ぶりを覚えていると言っていた。
私は、彼の地で日本人の名前を聞くだけでも嬉しく、さらに大好きなテキスタイルブランド・マリメッコのカタログを大事そうに見せながら説明してくれ、彼女とのステキな時間を私に与えてくれた脇阪さんの仕事がより好きになった。

現在は故郷である京都のブランドSOU・SOUで、テキスタイルデザイナーをされている脇阪さんだが、彼の歩んだデザイナー人生は、とても輝かしい道程だ。
1968年からフィンランドに渡り、その後はアメリカ・ニューヨークへ。
京都出身者が、都から出たがらないのは今も変わらないが、その時代に外国でデザイナーとして活躍した日本人がいたことは驚きである。

脇阪さんの作品は子供の様に軽やかでいて、飽きのこない深みがあると私は思う。その普遍性は京都という成熟した都市文化が生み出したものであるのかもしれない。特に好きなのは、色使いと間の取り方だ。あっけらかんとしているようでたくさんの計算が積み重なったグラフィックは手にしたときに大きな歓びを与えてくれる。偉大なデザイナーというのは魔法使いだなと思う。

文:ルシャアジアテーク

脇阪克二の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!