0

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂のここがすごい!

長い長い年月を経て完成したネオ・ゴシックの傑作

聖ヴィート大聖堂は、チェコのプラハにある大聖堂。長い年月と多くの建築家の手を経て完成しました。
この場所に最初の教会が建てられたのは925年。聖遺物「聖ヴィートの腕」を奉る初期ロマネスク様式の教会でした。
現在のゴシック様式の大聖堂の建設が始まったのは1344年。フランス人建築家マチアーシュがフレンチ・ゴシック様式の建物を設計。しかし、彼は回廊などを建てたところで亡くなってしまいます。
仕事を引き継いだのはドイツ人建築家パルレーシュ。パルレーシュはマチアーシュの設計に独自のアイデアを加え、聖遺物が保管された聖ヴァーツラフ礼拝堂などを作りました。しかし、パルレーシュも大聖堂の完成を待たずして死亡。数人の建築家を経た後、15世紀前半には宗教戦争により工事が中断してしまいます。
15世紀後半に建設が再開されたものの、資金不足により再び中断。ようやく工事が再開したのは1844年のことでした。
ネオ・ゴシックの建築家クランナーがパルレーシュの設計に立ち返り、さまざまな様式が混在した建物を修復し、工事を進めました。そして、最後にカミル・ヒルベルトによって正面扉が作られ、聖ヴィート大聖堂が完成しました。1929年のことでした。
長い年月と多くの建築家の手を経て完成した大聖堂は、ネオ・ゴシックの傑作といわれています。建物とても魅力あふれる聖ヴィート大聖堂。内部には、チェコを代表する画家ミュシャのステンドグラスや2トンもの銀を使ったヤン・ネポムツキーの墓などもあります。

文:sophia

聖ヴィート大聖堂の関連書籍

関連記事

427 640

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!