0

伊東深水

伊東深水のここがすごい!

美人画の人気画家

和装の芸妓風から風俗、一般の市中の多数の女性まですべての女性を描いているかのような「美人画の人気画家」が伊東深水。

著名女優さんの実父でもあり、その女優さんがすでに若い時から「まるでそのお父さんの描くような美人画から抜け出てきた人」ともいわれている。ちなみに若い時分には、配偶者をモデルにした美人画を多数作成しており、その絵ももちろんだがモデルも美人であったとしても知られている。

どんなモデルさんを書いてもいかがわしくならず、色気や魅力がふんだんに詰まった、「古い構成も大切にしつつも」絶妙の重心配分や形状表現による肖像が多く、日本画としても現代的なすっきりとしたうつくしさなども無駄のない線と構成で表現しており、今でもとても人気が高い。 バブル期から現在まで、版画や印刷物でのインテリアなどからカレンダーなどとしてもよく利用されている。

ちょうど古典的な日本画女性から、現代女性までをわかりやすく清潔感を保ったまま、画のちからで移行させてきたような構成力で、現代では塗り絵等の線画の美女などや、またCMや広告物などのメイクなどについても、その画面構成や化粧での彩色具合などで伊東深水らの絵の影響を受けたり参考にすることで、より昭和中後期から平成にかけての各世代にとって共通の魅力的な女性像をつなぎつくりあげてきた、影の牽引者のように言われていたこともある。

芸者的なものを描いてもモダンガール的なものを描いても、やはり「その時代の代表をさらっと描き上げたような」分析部分もじつは奥深く、チャーミングさと清潔感は本当に欠かさないのが多くの作品で一貫している魅力。

なにがほかの作家と違うのかわかりにくいほど、一般的なこなれた色や絵柄配置に一見見えなくもないが、「非常に」難しく全体がまとまっていること+モデルの魅力の引き出し方が、あっさりしてみえる画風の中に「総体的に強い吸引力」を持たせる。

文:AIU

伊東深水の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!