0

成田亨

成田亨のここがすごい!

半世紀を超えた今尚愛される、人知を超えた存在を表現した男

成田 亨(なりたとおる、1929〜2002年)は青森出身のデザイナー・彫刻家です。
彼は、日本人なら知らぬ人はいない国民的ヒーロー「ウルトラマン」のキャラクターデザインを行ったことで知られています。

ウルトラマンが放送されたのは1966年であり、その後50年以上過ぎた今尚、彼の生み出したヒーローや怪獣は子供たちに絶大な人気を誇っています。そのため、時代が移っても変わらぬ魅力があることが窺えます。

成田はヒーローや怪獣のデザインを行うに当たり、徹底してシンプルなデザインを施しています。これは成田の「新しいデザインは必ず単純な形をしている。」というポリシーに乗っ取ったものです。
また、成田は登場する怪獣に対して自ら
1.「怪獣は妖怪ではない。手足や首が増えたような妖怪的な怪獣は作らない。」
2.「動物をそのまま大きくしただけの怪獣は作らない。」
3.「身体が破壊されたような気味の悪い怪獣は作らない。」
という3原則を課したうえでデザインに臨んだと言われています。

他にも、バルタン星人を始めとした悪の宇宙人について、「地球人にとっては悪でも、彼らの星では勇者であり、正義なのだから『不思議な格好良さ』がなければいけない。」と述べていたと言われています。番組の進行上、単に「ヒーローに倒される存在」として生み出されたのではなく、あくまで強大なヒーローの「アンチテーゼ」という理念をベースにデザインされているのです。

こういったポリシーに基づいて生み出されたからこそ、デザインにしっかりとした「核」が生まれ、キャラクターが生き生きして来るのではないかと思います。それが現在まで通用する魅力となっているのではないでしょうか?

その後も「ウルトラシリーズ」は続いて行きますが、多くのヒーローや怪獣たちも成田が生み出したデザインがベースとなっていることは間違いないでしょう。成田のデザインがその後長きに渡って続くシリーズの世界観を構成する、大きな要因であると言っても過言ではありません。
そう考えると、歴史的偉業を達成したデザイナーになるのかもしれません。

文:keep

成田亨の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!