0

荒井良二

荒井良二のここがすごい!

カラフルと可愛さの宝庫!

みなさんは可愛いもの好きですか?わたしは大好きです。
ところで、可愛いってなんなのでしょうか?
具体的に答えられる人は少ないかとは思いますが、それらの多くは丸みをおびていたり、つたなかったり、”子供っぽい”が根底にあるのだとわたしは思っています。

そしてわたしが大好きなイラスト・絵本作家「荒井良二」さんはまさにそんなかわいいを詰め込んだ絵を描くような方なのです。
一見、ぐちゃぐちゃとしたような色使い、つたない線、左右対象とは程遠い人物…そう、荒井良二さんを知らない人はあれ?これ子供が描いたの?と思ってしまう作品ですら、実際は計算しつくされたかのような絶妙なバランス感覚で描かれていて、ついついかわいいと思ってしまうのです。
色だって、ただ単に塗っちゃうと汚くなってしまいますが、荒井良二さんの絵はものすごく多くの色が使われていてカラフルだというのに、気持ち悪い箇所がまったくないんです。

それもそのはず、この人別に絵が下手だから子供っぽい絵を描いているわけではないのです。
1956年、山形県生まれた彼は、日本大学藝術学部美術学科を卒業後、チョイスに入選を始めとし自身の絵本で様々な賞を受賞。
更にはNHKでアニメ化された作品も文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞と実力の裏付けがされているすごーいお方。
2012年のドラマ「純と愛」のオープニングイラストの担当もしておりました。

荒井良二さんの作品の魅力はここがいいんだよねーというよりは全体の雰囲気の上手さだと思いますので、百聞は一見にしかず。見たことがない人はぜひ一度作品を見てほしいです。
これからもカラフルでかわいいくて元気がもらえちゃう、そんな荒井良二さんの作品が楽しみですね。

文:にらじぇんぬ

荒井良二の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!