0

佐藤雅彦

佐藤雅彦のここがすごい!

佐藤雅彦。この人があのキャラクターを?

佐藤雅彦さんは電通出身のデザイナーです。代表的な作品というかキャラクターには「ポリンキー」「だんご3兄弟」「バザールでゴザール」などがあります。その他映像の世界では「ピタゴラスイッチ」や子どもの教育番組でお馴染みの「アルゴリズム体操」なども監修しています。このアルゴリズム体操というのが輪唱の体操版というかその発想が大好きです。しかもよくできています。子供番組だけで放送するのはもったいないと当時思ったものです。ピタゴラス・アルゴリズムという言葉を持ってくるあたり、私が彼の世界観が大好きなポイントです。この佐藤雅彦さんの生み出すキャラクターはどれもポップで可愛らしい印象です。でもそのキャラクターとは真逆のイメージをご本人は持っておられます。佐藤雅彦さんご本人の見た目はデザイナーというよりは、文系の人そして哲学者のような風貌です。この人がこんな可愛いデザインを生み出すのかと不思議でなりません。自分の好きなこの以外はほとんど興味を示さない、しかし打ち合わせなどで彼の何かに触れるワードが出てきた途端にスイッチが入り一気にしゃべるそんな人柄だそうです。その風貌通りに佐藤雅彦さんはプチ哲学という本を出版しています。なぜか人の心に引っかかるワードやデザインの裏にはそういった彼の哲学による裏打ちがあるのだと思います。

文:ビッケ

佐藤雅彦の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!