0

犬山城

犬山城のここがすごい!

犬山城は、多くの合戦の舞台になった歴史のあるお城です。

犬山城は、愛知県犬山市にある名城です。天守が現存しており、しかも国宝に指定されている数少ないお城として有名です。室町時代に建てられたので、日本最古の様式で天守が現存している事になります。そのためお城マニアの方から一度は是非行ってみたいお城として高い人気があります。私もお城が好きなのですがまだ行ったことがないので是非一度は行ってみたいです。特に愛知県でも有数の桜の名所としても有名ですので、春に行って桜とお城のコントラストを楽しんでみたいと思っています。

犬山城は、1537年に織田信長の叔父である織田信康によって建てられました。その後、織田信長が本能寺の変で死んだ後に豊臣秀吉が入城します。そして関が原の合戦の後に徳川家の重臣である成瀬正成が入城します。次々と主が変わった犬山城ですが、廃藩置県までは成瀬家がしばらく城主となり、ようやく平穏の時代を迎えます。

廃藩置県後、一旦愛知県の持ち物となった犬山城は天守閣以外ほとんど取り壊されてしまいます。さらに1891年の濃尾地震でその天守も半壊してしまいます。その後、また成瀬家の持ち物となった犬山城は有志のおかげで無事に修復する事ができます。
その後は2004年に公益財団法人白帝文庫の持ち物となり、現在に至ります。激動の歴史の数々を見てきた犬山城は、きっとこれからも堂々とした姿で歴史をずっと見守ってくれるでしょう。

文:るるるるん

犬山城の関連書籍

関連記事

640 480

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!