0

横井弘三

タグ:

横井弘三のここがすごい!

思うがままに生きて、思うがままに描いた

昭和20年から40年まで、白い長いひげの不思議なおじいさんが長野市に暮らしていました。
出会った家族の顏を描いたり、新装開店の床屋さんの壁に飾る絵を突然に持って行ったり、郵便配達さんにも墨絵を毎日のようにあげて、職場の引き出しはその墨絵で開かなくなってしまうほどでした。

このおじいさん、画家 横井弘三。
大正4年の第2回二科展に出品した絵が第一回樗牛賞を受賞。
彗星のごとく洋画壇に登場し、華々しく活躍を始めます。
けれども、大正12年の関東大震災の後、被災した小学校に贈った“復興児童に贈る絵”を借りてきて11点を大きな板に張り付けた作品が二科展に拒否され、野に下り、自由に生き、自由に描く人生が始まりました。
それは、貧乏の始まりでもありましたが、温かな人々との出会いの始まりでもありました。

彼は、“日本のルソー”と呼ばれ、日本でアンデパンダン展を初めて開いた人でもあります。
本もたくさん出版して、さまざまな絵の技法も考案し、晩年は“焼絵”という彼独特の最高の表現にたどりつき、数多くの名作を遺しました。

横井弘三は、大正期の子供向け雑誌「コドモノトモ」にも、一目見たら忘れられない楽しい絵を描きました。
宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』では、挿絵、装丁を手掛け、児童文学の世界では、今なお語り継がれる美しい素晴らしい本となっています。
没後、時代の波に飲まれ、消えてしまいそうな横井弘三でしたが、昭和の奇才のアートディレクター堀内誠一さんや後に児童文学の重鎮となられた方々にも着目され、今活躍しているスズキコージさんにも大きな影響が繋がれています。

2015年、信濃美術館で大きな展覧会があり、2016年には、練馬区美術館に移動して『横井弘三の世界展』があります。思うがままに生きて、思うがままに描き続けた横井弘三は、「もっと後の時代の人に私の作品はわかる」と予言的言葉を遺しています。今なお新しい横井弘三の作品は、ため息がでるほどのびやかに見る人の中に飛び込んできます。

文:アガパンサス

横井弘三の関連書籍

関連記事

Tags:
320 230

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!