0

ウィリアム・ホルマン・ハント

ウィリアム・ホルマン・ハントの作品紹介

ハントが羊飼いに託した思いとは?

ウィリアム・ホルマン・ハント(1827-1910)と言えば、ラファエル前派で活躍した画家として知られています。

『雇われ羊飼い』

鮮やかな色使いで、絵を見るものを魅了するハントの作品ですが、今回紹介したいのは1851年に描かれた作品「雇われの羊飼い」です。まず、羊という動物を導く羊飼いの存在は、キリスト教の宗教画の中で重要な役割があるようです。キリストは、良い羊飼いとして例えられているからです。
しかし、ハントがここで描こうとしたのは良い羊飼いとは異なるものです。同じ羊飼いがテーマですが、この絵の中に描かれているのは、イギリスの劇作家・詩人として知られているシェイクスピアが「リア王」の中で取り上げた、自分の仕事をしようとしない無責任な羊飼いです。

社会的なテーマを扱う事を好んだといわれるハント。彼の絵の中には美しいイギリスの田園風景に囲まれて座っている、若い男女の姿が描かれています。彼らの後ろには羊の群れが見えます。しかしこの雇われ羊飼いの描かれている姿は、羊の群れを導き、彼らの世話をしている姿ではありません。対照的に彼らは芝生に座り、二人の時間を楽しんでいるようです。
ハントはこの絵の中にメッセージを託したようです。絵の中に描かれている若い青年の手の中には、蛾が描かれており、その模様はどくろの模様だと言われています。仕事をしないことが何を意味するのか。仕事に対するハントの強い思いを、描かれている羊飼いの姿に見ることができます。

文:ラブリー

ウィリアム・ホルマン・ハントの関連書籍

関連記事

338 480

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!