0

草間彌生

草間彌生のここがすごい!

内なる感情をストレートに描く草間彌生

草間彌生(くさまやよい)は1929年に生誕したアーティストです。
彼女はしばしば自らを「前衛芸術家の草間彌生です」と述べますが、一体どのような人物なのでしょうか。

大成した多くの画家たちが師を持ち、弟子として修業をつんだり、また学校で絵画を学んだりしていたのに対し、草間彌生は特定の師を持たず幼いころから独自のスタイルを貫いてきました。
日本の美術大学で日本画の”描き方”こそ学んだものの、草間は日本の保守的なアートの在り方に閉口します。
そこで草間は戦後間もない1950年代にたった一人でアメリカに移住し、そこで多くのアート活動を行いました。

草間彌生がどんな作品を創ってきたか、それはインターネットや書籍を調べればすぐに閲覧することができます。
はっきりした色合いの水玉模様や実線の印象的な平面構成や、うねった植物の彫刻、無数のライトに覆われた空間など、強烈な印象のものばかりです。
では、彼女はどんな動機や気持ちでその作品に着手したのでしょうか。

草間彌生の作品やパフォーマンスには、いずれも彼女の「戦争の無い世界、平和への願い」が込められています。
幼いころに患った精神病による幻覚・幻聴の恐怖や、家庭環境や両親との葛藤による苦悩の多くを、草間は「アート」という形に昇華していました。
自らが体験した恐怖や苦しみと向き合い、絵に描いたり彫刻に表したり(文章にすることもあり、書籍も出版されています)することで、多くの人の共感や評価を得たのです。

私は草間彌生を『自らの苦しみを「美しいもの」へ創りかえることができる人物』だと捉えています。
これは私が彼女のファンである理由のひとつで、私自身、このような生き方に憧れています。
戦後、豊かなモノに囲まれ、設備の整った裕福な日本で暮らしていても、それなりの苦悩や恐怖、悲しみは絶えず出てくるものです。

この厄介な感情たちを「芸術作品」として表現することができれば、誰の心を傷つけることなく生きていけるのではないでしょうか。
草間彌生の作品を見るとき、私はそんなことを考えています。「平和への願い」に通ずるものがあるのかもしれません。

皆さんも機会があればぜひ草間彌生の作品を見てみてください。

文:ひかる

草間彌生の関連書籍

関連記事

640 480

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!