0

岡本一宣

岡本一宣のここがすごい!

魅せるレイアウト

岡本一宣さんのスゴさを一言で言えば、圧倒的なレイアウト力だと思います。
雑誌「インプレッション」や「choice」「ワイナート」で見られるレイアウトはとにかくかっこいい!
大胆かつ繊細なフォントの配置、余白の使い方、美しい写真のトリミングは多くのグラフィックデザイナーが憧れていると思います。

特に凄いと思うのがデザインが全く古くならないということです。
CG処理とか特別な技術を使わなくても(使わないからこそ?)アヴァンギャルドかつ普遍的、
かっこよくて美しいグラフィックデザインが出来るということを教えてくれます。
あと凄いと思うのが、同じグラフィックデザイナーという立場から言わせてもらうと、
普通グラフィックデザイナーにとって欧文書体をかっこ良く扱うのは比較的容易なんですが、
日本語書体をかっこ良く魅せるのはすごく難しいんです。
しかし岡本さんの作品の日本語書体のかっこよさったら嫉妬で気が狂いそうです。

日本語をかっこよくデザインしなきゃならない時は必ず岡本さんのデザインを参考にしています。
岡本さんの仕事をまとめた「岡本一宣の東京デザイン」は、定価8400円とお高いですが全てのグラフィックデザイナーのバイブルになるべき書籍です。

文:ハギヨシ

岡本一宣の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!