0

原研哉

原研哉のここがすごい!

白の持つ可能性を追求したデザイン

原研哉は、無印良品のボードメンバーとして数多くのパッケージやポスターなどのデザインを手がけてきました。無印良品の商品の持つシンプルな美しさを表現した白を基調としたデザインは、シンプルな中にも人の心に強く訴えかけるものがあります。広大な景色が広がる中に浮かび上がる白い文字や、白一色のバックにインパクトのある黒い文字が印象的なポスターは、シンプルであるのに見る者の目を奪う力があります。

また、1998年の長野冬季オリンピックの開会式・閉会式プログラムのデザインを手がけます。このデザインは白と赤で構成された非常にインパクトの強いもので、白地に型抜きでオリンピックの五輪と文字、赤で聖火が描かれています。カラフルな五輪を白一色で表すことにより、真っ赤に燃え盛る聖火の迫力がさらに強調され、見る者の目と心を強く惹きつけます。シンプルな中にも力強さの感じられるデザインは、原研哉作品の大きな魅力のひとつです。

ポスターデザインやパッケージデザインで白を基調としたものが多く、そのどれもが商品の持つ魅力をさらに引き立てていることから、白の持つ可能性を追求した作りになっています。カラフルなものよりも白の持つ力は無限なのだと実感させられます。

文:あやぱみゅ

原研哉の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!