0

マルセル・デュシャン

マルセル・デュシャンのここがすごい!

「泉」はなぜすごいのか

デュシャンで有名な作品といえば「泉」です。
タイトルよりも、便器の作品、といった方がピンとくる方がいるかもしれません。

彼は大量生産された既製品を用いた「レディメイド」作品を多く制作してきました。
既製品を置いただけで、なぜ芸術作品と呼ばれているのか、ここまで有名になったのが疑問に思う方も多いでしょう。
ここには、彼の美術への概念が盛り込まれているのです。

例えば、あなたが美術館へ出向き、作品を見ているとします。そこに展示されているものは、何とも不思議な形をした置物、だとします。
あなたは何を思いますか。きっと、この作家の背景や、なぜこの作品を作ろうと思ったのか、裏の裏の裏まで考えることでしょう。
でも、本当にそれでいいのでしょうか。
彼の作品は、そんな疑問を、真正面からぶつけるような、前衛的な作品として、高い評価を受けました。

他にも、既存の絵に、名前を入れる作品など、「レディメイド」作品を多く発表しています。
どこが芸術作品なのか、そういった疑問を持ってもらう事が、デュシャンの狙いであり、今でもなお多くの方を引き付けるデュシャンの素晴らしさなのです。ご興味がある方は、一度、彼の作品をいくつか見てみてください。芸術を見つめ直すには最高の作品たちと出会えるでしょう。

文:アール

マルセル・デュシャンの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!