0

横尾忠則

横尾忠則のここがすごい!

商業ポスターという概念を芸術に昇華することに成功した美術家

横尾忠則の作品は、大きく二つの時代に分けられる。
グラフィックデザイナーとして活躍していた頃の前衛的ポップアイコンとしての作品。
次に1980年以降「画家宣言」をした後に手掛けた油絵などを中心とした作品。

多様な技法を使い、ひとつの枠にはまらない作風。
しかし一目見ただけで、これは横尾忠則の作品だと主張している。
膨大な作品の数、そして今なお衰えない制作意欲には、驚かされる。

横尾忠則の魅力を一言でいうと、緻密に計算されたデザインと、大胆な色使い、そしてその情報量の多さだ。
一枚の絵から、見る人に膨大な情報量を与える。
彼は、サービス精神に溢れた人物なのではないかと考える。

自らの作品のオマージュ、引用を用いて、繰り返し同じモチーフを使用する。
そんなところも彼の遊び心、サービス精神ではないだろうか。

横尾氏の作品には「死」のイメージが漂っている。
ご本人も「精神世界」に傾倒していた時期があり、作品に色濃く反映されている。

有名なY字路シリーズも長く描き続けられているモチーフの一つである。
目の前に現れたY字路の分かれ道、その奥になにが続いているのか、
見る人の想像を掻き立てられる作品である。

神戸市に横尾忠則現代美術館という美術館がある。
横尾忠則の作品が常展されているのだが、是非一度、足を運んでもらいたい。

会期ごとに展示されている作品も変わり、何度足を運んでも楽しめる。
美術館全体が横尾忠則の作品の一部なのだ。

文:72

横尾忠則の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!