0

ザハ・ハディド

ザハ・ハディドのここがすごい!

奇抜なアイディアで造られる、有機的な曲線美を持つ作品

ザハ・ハディドはイラク・バグダッド出身の女性建築家です。2020年の東京オリンピックに向けて開催された「新国立競技場」のコンペで最優秀賞を獲得したことで、日本中にその名が知られるようになりました。残念ながらその案は実現せず、その後彼女は2016年に亡くなってしまいました。
作品の革新性・奇抜さから実際に建築されなかったプロジェクトも多く、「アンビルトの女王」と呼ばれることもありましたが、近年は優れた建築を世界中に残し、建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞しています。

「新国立競技場」のコンペの後、東京でザハの建築展が開催され、私はそこで彼女の魅力を知りました。
一目見て衝撃を受けたのはアゼルバイジャンに建つ文化施設「ヘイダル・アリエフ・センター」です。建築に対して四角い、箱形のものという漠然としたイメージを持っていましたが、一枚の布でできているような、波打つ、有機的な外観を見て、こんな建築が存在するのか!と驚愕した覚えがあります。
彼女の建築には力強い直線を活かした作品もありますが、私は自然物を感じさせる曲線美を持った作品が特に好きです。

また、彼女は家具や食器、シューズなどもデザインしており、展覧会では「リキッド・グレイシャル」という透明なテーブルが目を引きました。表面はさざ波がたっているように揺れています。そこから下に向かって、水が渦を巻き流れ落ちるように脚が伸びていて、もし水でテーブルを作ったらこんな感じだろうな、と思わせる出来でした。
彼女は空間の質というものにこだわっていたそうで、単純にお金をかけるのではなく、アイディアによって贅沢な空間をつくる、という考え方を持っていました。建築にもプロダクトにも、その哲学を感じることができます。

文:cawase

ザハ・ハディドの関連書籍

関連記事

640 427

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!