0

ヴィヴィアン・タム

タグ:

ヴィヴィアン・タムのここがすごい!

東洋文化と西洋文化が入り交じったオシャレなブランド

私がヴィヴィアン・タムを知ったのは、現在放送されている「マツコと有吉の怒り新党」がきっかけでした。
以前レギュラーとして出演していた夏目三久が、ヴィヴィアン・タムの洋服を身に付けていたからです。マツコも夏目三久に対して、「アンタ何よその服は!どこのブランド?」と思わず言ったほど、ユニークかつおしゃれなシャツでした。後日、夏目三久はヴィヴィアン・タムからお礼の言葉をいただいたそうです。
私も夏目三久のおかげでヴィヴィアン・タムを知ったのですが、名前と夏目三久が身に付けていた洋服の柄から、中国系だなと分かりました。その時彼女が身に付けていた洋服の柄は水彩がにじんだような、おぼろげな模様でしたが、とてもハッキリとした色味だったのが印象的でした。
そんなヴィヴィアン・タムは広東省で生まれ、後に香港に移り住みます。幼少期から洋服に興味があり、既に自分で縫って作っていたとか。彼女は自ら作った洋服を持ってニューヨークに渡った後、デザインをバイヤーに認められ人気デザイナーの仲間入りを果たします。ヴィヴィアン・タムの魅力は、何といっても東洋、特に中国のイメージを取り入れたデザインと色彩が非常に魅力的です。トップスやボトムス、ワンピースにいたるまでシンプルからモダン、幅広いデザインが充実しているのも特徴です。
パンダ、金魚、ドラゴン、不死鳥、花といったものから、京劇、ブッダ、毛沢東までモチーフにしてしまうインパクト満載の洋服やアクセサリーが充実しています。場合によっては、身に付けるのに勇気が必要かもしれませんが、赤を基調とした豪華な模様や、中国の風景が目の前に広がっていると錯覚してしまうほどのデザインは、例え身に付けなくても見る者の目を楽しませてくれます。

文:かおるこ!

ヴィヴィアン・タムの関連書籍

関連記事

Tags:
320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!