0

古代都市ダマスカス

古代都市ダマスカスのここがすごい!

古代都市ダマスカスは、特にモスクが美しい世界遺産です。

シリアにある古代都市ダマスカスは別名「オリエントの真珠」とも呼ばれており、1979年に世界遺産に登録された世界的に非常に美しい街並みの一つです。ただ、残念ながら2013年からのシリア騒乱により被害を受けてしまい、危機遺産にも登録されてしまいました。恐らく、現在行ってみたいけど行く事が最も難しい世界遺産の一つになっていると思います。

古代都市ダマスカスは、紀元前3000年前からあったとされています。紀元後と合わせて約5000年もの気が遠くなるような長い歴史を誇っています。当時はエジプト、地中海、メソポタミアを繋ぐ非常に重要な都市でした。今でも中東随一の都市として機能しています。

ここには世界最古のモスクと言われているウマイヤド・モスクがあります。ウマイヤ朝のワリード1世によって705年に建てられました。元々はキリスト教のための教会だったそうですが、ここがムスリムの支配下に入ってからモスクとして改装されました。洗礼者ヨハネの墓があり、キリスト教徒にとっても大事な場所となっています。夜は中が美しく光り、それは幻想的で美しいそうです。

早く古代都市ダマスカスがいつでも安心して訪れる事ができる世の中になって欲しいと強く思います。

文:るるるるん

古代都市ダマスカスの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!