0

Missoni(ミッソーニ)

Missoni(ミッソーニ)のここがすごい!

まるで工芸品のような作品に魅せられて

私はインポートブランドについては長くアパレルの仕事をしていたわりに周りの販売員と比べると遅咲きだったと思う。あまり良さについて知ろうともしなかったしそのプライスの高さに自分の身近に感じなかったからだと思います。28歳になった時、転職を本気で考えだしてずっと国内アパレルのブランドの商品を扱うのが物足りなくなってきたのでした。それでインポートのブランドで働く事に。特にこのブランドって決めていなかったけど縁があったのはイタリアのインポートでした。最初ミッソーニというブランドで初めて海外のブランドに触れてみました。ミッソーニファミリーが生産からデザイン、マーケット迄おこなうこのブランドは洋服の域をすでに越えていてその物づくりに対するこだわりはまるで工芸品なのです。まずニットに使用する糸ですが一本一本染めるのも自社の工房でやっていてあのカラーグラデーションはそこからうまれるのです。そしてそのアイテムをコーディネートするのは本来とても難解で完璧なコーディネートを完成させる事ができるのは私がいた頃は日本には一人だけでした。はっきり言ってもの凄く難しいブランドでした。今現在は某国内大手アパレル会社が代理店になっているようですがあのような芸術品に近く数多くのセレブレティの心を捉えて離さないブランドは永久的に存続してほしいと願っています。

文:まやにゃん

Missoni(ミッソーニ)の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!