0

ハナエモリビル

ハナエモリビル(表参道)のここがすごい!

ハナエモリビルは当時の最先端のデザイナーだった表参道を代表するアイコン

優れたファッションデザイナーが昔から数多く、日本から輩出されていますが、今もって多くのファッションデザイナーなどが憧れる、「スタイル」でも「モチーフデザイン」でも「たたずまい」も「商業的成功」面でも、目標とする人が多いのが「森英恵」です。

昭和世代にとっては、時代の最先端のスチュワーデスやオリンピックの衣装から、パーティーウェア、コレクション系の各種ファッション、そして誰にでも購入できるエプロンやちょっとした小物などまで…
日本人デザイナーとしても、またライセンス供与でも「はっきりと他にない個性と端麗さ」を持ち「美しく上品なデザインを貫いた」製品群を出してきた人は、これより先にはいないかもしれません。

そればかりではなく、家電製品などトータルなイメージデザイン面でも展開されており、個性的でお母さんならだれでも憧れる「蝶の模様の白物家電各種」など、ハイライフの代表的製品+日本の一時代を代表するアイテムでもありました。

そんなハナエモリの本社ビル+金融機関ビルが、1978年表参道に建設されました。
とても先進的で青系(?)ダークなハーフガラスを多用して、かつまわりの風景をうつしこみながら、美しい緑や街の風景、通りかかる人等も取り込む、多面構造のビル。
丁度、パリデファンスのような、誰もが憧れる先進性を具体化したような建物でした。

丹下デザインによる建物でしたが、あまり多くの人に丹下物件だと知られることも無いほど、「特異な個性」は感じられないと語られることもありますが、その1978年という時代性からすれば「時代と人を表参道でしっかりと、世界各国とつなぐために、重要な役割を果たしていた物件」としてもうすこし評価が高まっても良いかと、個人的には思います。

文:AIU

ハナエモリビルの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!