0

武相荘

武相荘のここがすごい!

あの白洲次郎さんと正子さんの住まいです

大型衣料店の脇の細い道をぬけていくと、その住まいは現れます。そして長屋門が、まっ先に出迎えてくれます。

私は、この「武相荘」という名前に、ずっと前から魅かれていました。「武相荘」という名が「無愛想」に掛けている事は、多分みなさんも想像しクスッとなるところではないでしょうか。 でも、ここには、もう一つのプラスが有った事を知っていますか?「武蔵」と「相模」の境の地であったからだそうです。さすがですね!

田畑や小川に囲まれていたであろう住居は、今はもう開発された住宅街の中にあります。しかし長屋門を抜けてどっしりとした囲炉裏の有る母屋に辿り着く頃には、時を遡ってしまったような感覚に包まれます。

「従順ならざる唯一の日本人」とGHQに言わしめ、そしてポルシエを乗りこなし、ゴルフ倶楽部理事長を務め、常にプリンシプル(信条)を貫いたダンディな彼と、樺山伯爵家の次女で文学・骨董・仏像を熟知した行動派の彼女の住まいは実にシンプルです。私は最先端で行動的な二人の住まいは洋風建築と勝手に思っていました。シャンデリアや暖炉の有る洋館をイメージしていました。そこには華々しい装飾は一切ありません。しかし一見地味なその建物は、住んでいた人たちの満足に溢れていました。無駄を削ぎ落とし充実しているのです。住んでいた人たちは確実に幸福に包まれていた事を感じられるのです。
住んでいる人たちの「しあわせ」を守ってくれる、それもまた建物の大切な姿なのかもしれません。
 
文:ブルーベリー

武相荘の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!