0

アントニー・オーガスタス・フレデリック・サンズ

アントニー・オーガスタス・フレデリック・サンズの作品紹介

2つのタイトルを持つ絵画

豊かな髪の毛を手に持つ女性。よく見れば、その髪は頭部と繋がっていません。切り取られた髪なのです。長く美しい髪を切る、彼女に何があったのでしょう?
この作品には、「エジプト女王ベレニケ」「バラで飾った祭壇に髪を捧げるウェスタの巫女」という2つのタイトルが伝わっています。
作者は、アントニー・オーガスタス・フレデリック・サンズ。ラファエル前派、特にロセッティの影響を受けた画家です。この作品もロセッティを思わせるものがありますね。
一方のタイトルの「エジプト女王ベレニケ」は、プトレマイオス朝エジプトの王妃であり女王。星座「かみのけ座」の由来となった伝説の主人公です。
戦場へ出た夫プトレマイオス3世を心配したベレニケはアフロディーテの神殿に祈り、「夫が無事に戻ってきたら、この髪を神殿に捧げます」と約束しました。そして、プトレマイオス3世の帰還を受け、約束どおり髪を切って神殿に捧げます。すると、その髪が神殿から消えてしまうのです。怒るプトレマイオス3世に宮廷の天文学者が告げます「神は王妃の行動と捧げ物を気に入り、夜空に飾られたのです」。
一方の「ウェスタの巫女」は、古代ローマで女神ウェスタに仕えた少女たちのことです。巫女に選ばれた少女は、髪を神に捧げ、ウェスタの神殿に仕えたそうです。
なぜ2つのタイトルが伝わっているのでしょうか?サンズが描いたのはどちらの物語だったのでしょうか?想像を膨らませて観賞したい作品です。

文:sophia

アントニー・オーガスタス・フレデリック・サンズの関連書籍

関連記事

438 560

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!