0

竹内栖鳳

タグ: , , , ,

竹内栖鳳の作品紹介

猫好き必見、猫愛ここに極まれり!

アート好き×猫好きな人は必見の一作品。

猫をキャンパスの中に描き入れる画家は沢山いますが、竹内栖鳳氏の「斑猫」は猫愛がこれでもかというほどに伝わってくる一作です。
137914363322913216639

竹内栖鳳氏は戦前の京都画壇の大御所作家です。その肩書、そしてポートレートを見ると、堅くとっつきにくイメージがありますが、この作品はそんなイメージを覆す一作となっています。

さて、猫の見返り美人図とも言えそうな構図の中で、まず最初に目を引くのは、翡翠のような緑の透明な目です。

「何?描きたいなら、好きに描けば?」

ちらりとこちらに視線をくれ、けれど気ままに毛づくろいを続ける。そんなツンデレ猫の声が聞こえてくるような目。画布に書き込められているけれど、まるで「生きている目」に鳥肌が立ちます。
その目の魔力から逃れて細部を見れば、一筆一筆丁寧に描かれた毛並みに驚くでしょう。柔らかく表面はほんのり冷たく、だけど温かい。そんな、猫の癒しの毛並みの手触りが掌に蘇るでしょう。

けれど、この絵の魅力は丁寧に描かれた猫以上に感じられる、竹内栖鳳氏の猫愛です。
鼻の下に班がある、けして美人とは言えない猫。
けれど、うちの不細工猫が一番美人と思っている猫好き、あるいはどんな不細工な猫でも、世界一と思ってしまう猫バカさん達には理解できるはずです。
竹内栖鳳氏が「世界一の美人だ」と言いながら、この猫を描いたことに。堅くとっつくにくいイメージの大作家がとたんに、親しみやすいものへと感じられるはずです。「あぁ、(猫好きめ)お前もか。」なんて、失礼ながらも心に浮かんでしまいます。

もし、猫がお好きならば、この絵の前に立ってみて、ぜひ「猫LOVE」の思いを竹内栖鳳氏と共有してみてはいかがでしょうか。

文:Yocco

竹内栖鳳の関連書籍

関連記事

640 545

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!