0

アンドレ・ドラン

アンドレ・ドランのここがすごい!

独特の色彩感覚と幅広い分野に対応する柔軟性を持った画家

アンドレ・ドランは、フランスの画家で、その作品は独特の鮮やかな色彩感覚と激しいタッチから、野獣派と呼ばれました。
その作風だけにとどまらず、ピカソやブラックとも交流し、キュビスムの影響を受けた作品を発表したり、幅広いジャンルの作品を数多く手がけました。
同じく画家であるアンリ・マティスとは親友で、彼の作品もまた、野獣派と呼ばれていました。

ドランの作品の一番の魅力は、原色を大胆に用いたその色彩にあります。
風景画を描いても、人物画を描いても、その生き生きとした色彩感覚は、絵画の中の世界に魅力的な表情を与えています。
ドランは一つのスタイルにとどまらず、新しいものをどんどん取り入れながらも、古典の手法も捨てることはありませんでした。
さまざまな手法を柔軟に取り入れ、幅広いジャンルの作品を発表しましたが、そのどの作品にもオリジナリティあふれる色彩感覚がありました。
晩年になると、活躍の場は絵画だけにとどまらず、舞台美術を手がけたり、挿絵や彫刻など幅広く活動しています。
独自の魅力を常に保ちつつ、常に新しいものを取り入れ、さまざまな分野に活動の場を広げていくスタイルは、同時代の画家たちにも類を見ないものでした。

文:あやぱみゅ

アンドレ・ドランの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!