0

ジョージ・フレデリック・ワッツ

ジョージ・フレデリック・ワッツの作品紹介

「希望」 – 寓意的な作品の中に人生の真実をうったえる

地球のような物体の上にたたずみ、一心に竪琴の音に耳を傾ける一人の少女。少女の目には目隠しなのか包帯なのか何かがまかれ見ることはできません、しかも竪琴はほとんどの弦が切れており残る弦は一本だけ…

どこか痛々しい感じすらするこの絵はラファエロ前派の画家ジョージ・フレデリック・ワッツ、後期の傑作といわれるものです。

一見すると暗い色調で神秘的な雰囲気ただようこの絵画に「希望」という題がつけられたことに首をかしげたくなります。

しかしこの絵は、希望とは、明るく輝く場所にあるのではなく、絶望的な状況のなかにかすかに見える光こそが真の希望なのだと訴えてきます。人から希望を取ったら何が残るのか。過酷な社会を生き抜いていくために希望がどんなに力をもつのか。自分にはどんな希望があるのか、この絵を見ているとそんなことを考えさせられます。

少女は竪琴の音に耳を傾けます。

最後の一本は今にも切れてしまいそうなはかない音かもしれません。それでもその音色に耳をそばだて、感じられるうちは喜びを感じることができる。人間が人間である以上、そして、現実が厳しいものであればあるほど、この絵はこれからも人を惹きつけてやまないことでしょう。

文:どど

ジョージ・フレデリック・ワッツの関連書籍

関連記事

1738 2193

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!