0

フランソワ・ブーシェ

フランソワ・ブーシェの作品紹介

「水浴のディアナ」は穏やかさを感じる事ができる絵画です。

ブーシェの「水浴のディアナ」は、女性の穏やかな美しさを徹底的に描いた絵画だと私は思います。手前に座ってくつろいでいる女性がタイトルにもなっている女神ディアナで、横ではニンフがディアナの身繕いをしています。ニンフはもちろんですが、手前にいるディアナはとにかく美しいです。女性の私からみてもその美しさにドキドキしてしまうほどなので、男性が見たらひょっとしたらもっとドキドキするのかもしれないとこの絵画を本で初めて見た時に思いました。

「水浴のディアナ」はフランソワ・ブーシェ作です。現在はルーブル美術館に所蔵されています。フランソワ・ブーシェは1703年パリで生まれたフランスを代表する作家です。非常に多くの絵画や素描を残し、今の尚多くの芸術家に影響を与え続けています。あのルノワールもブーシェから多大な影響を受けたと言われています。

この絵に描かれているディアナは、狩猟や月の女神と言われています。少々気性が荒いところがあるディアナですが、この絵画からはその気性の荒さを微塵も感じさせません。ただひたすらに穏やかでゆったりとした優しい雰囲気を醸し出しています。官能的ですが、上品なのでいつまでも見ている事ができるこの絵画が私は大好きです。

文:るるるるん

フランソワ・ブーシェの関連書籍

関連記事

592 480

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!