0

ソール・バス

ソール・バスのここがすごい!

コマーシャル効果のあるデザイン

ソール・バスは、アメリカのグラフィック・デザイナーで、数多くの映画のタイトルデザインを手がけ、その分野を確立したと言っていいほどの人物です。ヒッチコックやプレミンジャーの監督作品のタイトルを多く手がけ、作品そのものの評価にも大きく貢献をしました。
映画作品が世に発表されるときの大切な顔となるタイトルデザインは、その善し悪しで映画のヒットが左右されると言っても過言ではありません。バスの手がけるタイトルデザインは、見るものを確実に惹きつけ、映画に興味を持たせる強い力のあるものでした。ヒッチコックの作品の『サイコ』では、あの有名なシャワーシーンの絵コンテも手がけるなど、その作品に密接に関わって行く姿勢は、デザイナーと監督が共同して作品を世に知らせていく、映画の新しい宣伝方法を作り出しました。

バスは、映画のタイトルだけでなく企業ロゴのデザインも数多く手がけ、日本の有名企業の多くがバスのデザインのロゴを使用しています。企業の印象を決定づけるとても大切な企業ロゴですが、バスの手がけたデザインは、ここでも人の目を惹きつけ、印象に残る大きな効果をもたらしています。映画作品や企業の持つ魅力をわかりやすく、人の目にとまりやすい形で具現化させるバスのデザインは、非常に高いコマーシャル効果のあるものです。

文:あやぱみゅ

ソール・バスの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!