0

葛飾応為

葛飾応為のここがすごい!

天賦の才は二代に渡る。葛飾北斎の娘で絵師・葛飾応為。

葛飾北斎と言えば、知らない人はほとんどいないであろう巨匠ですが。
北斎の三女で同じく絵師だった、葛飾応為(=おうい)をご存知の方は、まだ少ないのではないでしょうか。

この北斎の娘・応為は、浮世絵ではあまり見ない感じの「光と影」を表現した、繊細な作風の作品を残しています。
巧みに光と影を表現したその作風から「江戸のレンブラント」と称されたりもしているのだとか。

ですが、現時点で残っている「葛飾応為作品」は実に少なく、全てを合わせても10点ほどだそうです。
話によると、現存する葛飾応為作品が少ない理由として、父・北斎との共作が多かった可能性や、また「北斎作とされている作品」の中にも応為作の物があるのでは、とも考えられているそうです。
蛇足ですが「葛飾応為」は画号らしく、本名は「お栄」だとか。

葛飾応為は美人画を描くのに長けていたそうで、話によれば北斎の美人画にもかなり手を入れているそうです(「北斎の美人画の一部は、応為が彩色を担当していた」という話もあります)。
同時期の浮世絵師も、葛飾応為の美人画の力量を認める発言をしていたそうで、その卓越した技術は現存している作品を見ていると、ひしひしと伝わって来るかのようです。

葛飾応為作品を見ていると明暗の表現以外にも、鮮やかな色遣いや精密な描き込みなど、その非凡な才能を感じることが数多くあるように思えます。
絵の中に描かれた場の空気や温度が伝わって来るかのような、強いリアリティに溢れる浮世絵の世界観は、絵師・葛飾応為の偉大な力量あってこそと感じます。

江戸の日本で、女流浮世絵師・葛飾応為が生み出した名作の一部は、国内では東京都内の太田記念美術館で見ることが出来ます。

文:らんたん

葛飾応為の関連書籍

関連記事

685 463

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!