0

ジョルジュ・ルオー

ジョルジュ・ルオーのここがすごい!

人間の苦悩を表現し続けた画家

ルオーは19世紀後半に生まれたフランスの画家です。
モチーフにキリストを描いたものが多く、宗教画家と評されることもあります。
代表作はキリストの顔だけを描いた「聖顔」です。

受難者のキリストの苦悩の表情を描いています。
タッチは黒い線を輪郭とし、力強くシンプルです。
若い頃、ステンドグラスの職人のもとで働いた経験があり、その影響があるようです。
また絵画だけでなく、10年の歳月をかけた版画集「ミセレーレ」では、労働、苦悩、など人間が生きていく上で避けて通れない様を、全58点のなかに力強く描き切っています。

一方で、幼い頃にサーカスでよくみた道化師を描くようになります。
サーカスの道化師は、人を精一杯笑わせます。でも舞台をおりたあとの疲れ果てた様子、旅回りの生活、生活の貧しさ。
一見、楽しく人を笑わせることと相反するような、道化師の哀しみが伝わってくるような絵が多いです。
疲れ果てた道化師が、子供と語らう「小さな家族」という絵。
つらい毎日のなかで、子供とほっとくつろぐ道化師家族のほんのひとときに、癒される絵です。
生きていくのはどうしてこんなにつらいのか、キリストの苦悩、道化師の哀しみ、そこにルオーは共通のものを見出していきます。
一生を通して、人間の苦しみ、哀しみを描き続けた孤高の画家です。

文:arumi

ジョルジュ・ルオーの関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!