0

シャイム・スーティン

シャイム・スーティンのここがすごい!

破壊的なパワーをもつ絵

シャイム・スーティンは、フランスの画家で、その当時パリを拠点に活動していた、エコールド・パリと呼ばれる画家の集団に属していた一人です。荒々しく描きなぐったかのような、大胆で激しく歪んだタッチは当時の人々には全く受け入れられず、スーティンの絵は全く売れませんでした。しかし、同じエコールド・パリの画家であり、スーティンと親交の深かったモディリアーニは、早くからスーティンの絵の才能と魅力に気付き、賞賛していました。モディリアーニの描いたスーティンの肖像画が残っており、その絵ではスーティンはあらぬ方向を見て、ふてくされたような表情をしています。
スーティンは、貧しい人や差別に苦しむ人をモチーフに人物がを多く発表しました。その独特の大胆に歪んだタッチは、見るものを不安にさせますが、内なる不安や葛藤、そして怒りをまざまざと見せつけられたような、不思議な衝撃を受けます。自身の苦しみと対象の苦しみが混じり合い、大きな破壊のパワーとなっているような作品です。彼の作品は、後にアメリカのコレクターに見初められ、画家として急激な成功を収めます。しかし、晩年にはまたもとの貧困生活に戻ってしまったようです。スーティンの絵が持っている激しく、そして得体の知れないパワーは、人の心を激しく打つと同時に、自らの人生をも破壊してしまうものなのかもしれません。

文:あやぱみゅ

シャイム・スーティンの関連書籍

関連記事

1576 2445

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!