0

アンリ・ルソー

アンリ・ルソーのここがすごい!

素朴派と呼ばれた純真な日曜画家

アンリ・ルソーが初めて絵画展に自身の作品を出品したのは、彼が41歳の時でした。
パリで税関職員をしていたルソーは、1冊の本を教師に独学で絵を描き始めます。自身の作品を、当時近所に住んでいたフランス画壇の重鎮クレマンの元へ持ち込むなど精力的に絵に向き合っていましたが、絵画の基礎も勉強していない日曜画家の絵は評論家に酷評され続けます。
平面的な構図に、大きく描かれた人物。遠近法もデッサンもメチャクチャな彼の絵は従来の美術史の概念では到底評価できなかったのです。
しかし、その云わば常識にとらわれない技法が、彼の絵に独特の存在感を与えました。
稚拙な遠近法で描かれる背景は描かれる人物を際立たせ、見る人を彼の絵の中へと引き込んでいきます。正規の美術教育を受けなかったことがかえってルソーの絵に独特の味わいを付与しているのです。
今ではルソーはこうした正規の教育を受けなかった「素朴派」の画家達の代表格です。
彼の絵の持つ魅力にいち早く気付いたのは、新しい芸術を模索していた若い芸術家達でした。
ゴーギャン、ピカソ、アポリネール、ローランサン…。輝かしい才能の持ち主達が、後年のルソーを友人として支えました。
ルソーは兵役に就いたあとパリ市税関で働き結婚。平凡で穏やかな生活を送っていましたが、絵を描くことにのめり込みやがて画家として生きていくことを思い立ちます。
自分の才能を信じ自分の絵に自信をもっていたルソーは、苦しい生活の中でふたりの妻に先立たれても、ひたすら無邪気に絵筆を握り続けました。
夢をも現実だと思い込むほど純真だったルソーの絵は、不思議な静寂を伴い見る人を幻想の世界へ誘います。

文:雪まつり

一度見たら忘れられない強烈さ、ルソーの楽園とは

のっぺりした色で、人物の顔も怖いし、遠近感もなんかおかしい…。一見、素人が描いたのかと思うようなどこかちぐはぐな絵。しかし一度見たら忘れられない。それがアンリ・ルソーの絵です。下手くそに見えるのは当たり前、だってルソーは絵について学んだことがなかったのですから。
彼の画家としてのスタートは、税官吏として仕事をしながらの日曜画家…つまり趣味の領域でした。1855年にアンデパンダン展で画家としてデビューした時には、散々笑われたとも言います。それでも彼は気にせずに絵を描き続けました。その独自のタッチは、ピカソやゴーギャンなどのちの芸術家たちに大きな影響を与えました。
ルソーは「夢」「蛇使いの女」などジャングルにまつわる絵をたくさん描いています。生い茂る植物、奇怪な花々、樹木の隙間から見える蛇…、見ていると、熱気が頬撫で、遠くから獣の声が聞こえてくるような錯覚に陥ります。こんなにジャングルの雰囲気を再現できているのに、ルソーはジャングルに実際に行ったことはなかったとか。パリの植物園で見たものを自分でアレンジして描いたと言われています。絵に描かれたこれらの熱帯雨林は、彼の南国への憧れを形にした楽園なのでしょう。どこか謎めいた楽園は、私たちを惹きつけてやみません。

文:翠

アンリ・ルソーの関連書籍

関連記事

560 737

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!