0

ジェームズ=ジョセフ=ジャック・ティソ

ジェームズ・ティソの作品紹介

ティソの「休日」は、人々のいきいきとした姿が描かれている絵画です。

私は、楽しそうに人々が休日を楽しんでいる姿が描かれているティソの「休日」が大好きです。自然に囲まれた場所で人々が楽しそうにティータイムをしている姿がリアルに、いきいきと描かれています。

「休日」の作者であるジェームズ・ティソは、1836年にフランス出身でジャポニズムを取り入れた事で有名な画家です。着物を身にまとい、日本の女性を意識した髪型の裸婦がこちらを真っ直ぐ見ている「浴室のラ・ジャポネーズ」は、ティソがジャポニズムに惹かれていた事がわかる絵画です。
ティソは、パリで1859年サロンに入選後イギリスへ渡り、そこで10年ほど滞在してフランスに帰国します。それからパレスチナで10年ほど過ごした後再びフランスへ帰り、65歳でその生涯を終えます。フランスの印象派であったドガとも交流があったと言われています。

この「休日」は1876年頃描かれた作品で、イギリスのあるティソの自宅で人々が休んでいる姿を描いたものです。当時の流行のファッションが細かく描かれており、オシャレで優雅、かつ上品な雰囲気が伝わってきます。また、ティーセットや食べ物も描かれており、当時の人が紅茶の本場イギリスでどのようなティータイムを過ごしていたのかもよく分かる、楽しい絵画です。

文:るるるるん

ジェームズ=ジョセフ=ジャック・ティソの関連書籍

関連記事

800 1076

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!