0

石岡瑛子

石岡瑛子のここがすごい!

「着ること」「纏うこと」を越えて

石岡瑛子は、2012年にこの世を去ったアートディレクター兼デザイナーです。

東京芸術大学を出たあと、資生堂へ入社し、グラフィックデザイナーなどを経て独立しました。「女だからチヤホヤされるんだ。」と周りに言われて闘志を燃やした彼女は、40代になったころ、単身でニューヨークへ渡ります。そこで、映画の衣装製作やセットのデザインに関わり始めます。彼女の類稀なる輝かしいセンスは、もちろん国内にいた時も生かされていましたが、海外で更に花開くことになりました。

さて、彼女の代表作は数多くありますが、私が一番好きなのは、石岡が監督した歌手ビョークのミュージックビデオ「Cocoon」。

ビョークのビデオは、ただでさえ独創的な作品が多いのですが、「Cocoon」を初めて見た時の衝撃は、なかなか言葉で表現できないようなものでした。顔から爪先まで白塗りを施されたビョークが、乳房から出る赤い血管のようなものをクルクルと操っていきます。楽しそうに、時には悲しそうな表情で。最後は、その赤い管で全身をグルグル巻きにされ宙に浮いていきます。

奇妙でいて、どこか暖かい生命を感じさせるような演出。映像は非常に先駆的でファッショナブルなものです。石岡瑛子がこの曲をどのように解釈したのか、そしてどのように再構築したのか、よく表れている作品だと思います。

時間が経っても全く色褪せない石岡瑛子の作品。ぜひ、皆さんもその目で体感してみてください。

文:spacedog

石岡瑛子の関連書籍

関連記事

320 320

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!