0

ロベール・ドローネー

ロベール・ドローネーのここがすごい!

色彩豊かで幻想的な抽象画

ロベール・ドローネーは、フランスの抽象画を代表すると言ってもいい存在の画家です。
ピカソが提示した、キュビスムの手法で描かれた抽象画を数多く発表しました。
ピカソや初期のキュビスムの画家たちと比べてみても、ドローネーの描くキュビスムの作品は、色鮮やかで独創的でした。
初期のキュビスムの作品は、人物画や静物画で描かれることが多く、色彩もそれほど鮮やかではありませんでした。
ですが、ドローネーは町並みや建物などの風景画を数多く描き、美しい色彩が印象的な作品を数多く発表しています。
代表作の「エッフェル塔」は、大胆に歪んだエッフェル塔が印象的ですが、鮮やかな色彩が幻想的な雰囲気を醸し出しています。
Delaunay_-_Tour_Eiffel

また、その時代の画家たちの中でも珍しく、ドローネーは近代的なものをモチーフにした作品も数多く発表しています。
晩年には、キュビスムを超えたオリジナリティあふれる作品を多数発表し、独特の色彩が持つ魅力は、新しい芸術運動の先駆けであると讃えられました。
どちらかというと無機質な印象を受けることが多い抽象画ですが、ドローネーの描く絵画には独特の美しさと温かみがあるものでした。
激しい印象の絵画が多い中で、ドローネーの描く幻想的で柔らかな印象の抽象画は、ひときわ異彩を放っています。

文:あやぱみゅ

ロベール・ドローネーの関連書籍

関連記事

300 338

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!