0

喜多川歌麿

喜多川歌麿のここがすごい!

女性の美しさを追求し続けた美人画の大家

喜多川歌麿は、江戸時代に活躍した浮世絵師で、さまざまな美人画を数多く手がけました。
女性の美しさを官能的に描きだし、同時にその女性の日常まで表現するような、写実性も持った美人画は、当時の江戸で瞬く間に話題となり、歌麿は人気浮世絵師としての地位を確立しました。
当時の浮世絵は、全身を描いたものが多かったのですが、歌麿は人物の半身や顔を中心に描いた大首絵と呼ばれる構図の浮世絵を多く発表しました。
描かれた美女の表情が、より生々しく伝わってくるその構図の浮世絵のモチーフに、歌麿は遊女や花魁などを起用しました。

その当時の江戸の町の片隅で生きる無名の存在であった彼女たちが、歌麿の作品になったと同時に、瞬く間に有名人として世間に知られることとなりました。
歌麿は素晴らしい浮世絵作品を発表するだけでなく、当時の流行の仕掛け人でもあったのです。
歌麿の浮世絵は日本だけでなく、世界的にも高い評価を得ています。
美人画といえば、歌麿、と言っていいくらい、彼の作品は生涯にわたって女性の美しさを追求し続けたものでした。
表面的な美貌だけでなく、その女性の日常や感情が読み取れるようなリアルで生々しい質感がある美人画は、他の作者の作品にはないものだと思います。

文:あやぱみゅ

喜多川歌麿の関連書籍

関連記事

800 1171

当サイトはこれまで過去の有名な作家や作品を中心に取り上げてきましたが、微力ながら支援したいという思いも兼ねて、現役の作家さんたちも厳選しつつサイト内で紹介させていただこうと思っています。
インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください!
http://art-lover.me/new-artists-wanted/

周囲に作家活動に真剣に取り組んでいる方がいらっしゃれば、上記募集ページをSNSでシェアしたり、URLをお伝えいただけたりすると幸甚です!